総合お問合せ

資料請求

訪問お見積り

マンションリフォームガイド

お風呂が寒いのはなぜ?寒さ対策やリフォームで改善!

 

こんにちは!札幌のマンションリフォーム専門会社「アイ・ホーム北海道」です。

 

お風呂に入ろうと浴室に入ったら「ヒヤッと寒かった」という思いをしたことがある方は多いと思います。

 

湯船は温かいですが、その前の脱衣所や浴室が寒いことはよくあります。

お風呂が寒い状態にしておくと、急な温度差で血圧が大きく変動してしまう「ヒートショック」などの危険も…!

 

今回はお風呂が寒い理由やその危険性、自分でできるお風呂の寒さ対策などをご紹介します。

寒いお風呂を安全・快適に変えるリフォーム事例も、あわせてお伝えしますね!

お風呂のリフォーム

 

 

お風呂が寒い原因とは?そのままにしておくと危険な理由

一日の疲れを癒す、温かいお風呂。

しかし、湯船に浸かる前に浴室で寒い思いをしたことはありませんか?

 

お風呂が寒い原因は、浴室に暖房器具がないことや断熱性が低いことにあります。

浴室に窓がある家の場合は、窓から入る冷気も原因の1つ。

浴室内や床が冷気に触れて冷たくなってしまい、浴室に入るとヒヤッとしてしまうのです。

 

すぐに浴槽で温まることができるとはいえ、浴室が寒いとヒートショックを起こす危険があります。

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が急上昇・急降下することにより、体に悪影響を及ぼすこと。

 

たとえば、温かい室内から寒い浴室に入ると、温度が下がったことにより血管が収縮して血圧が上昇します。

寒い浴室から温かいお風呂につかる場合も、温度が上がり血管が膨張して血圧が降下することに。

さらに、お風呂から上がって寒い脱衣所に移動すると、また血管が収縮して血圧が上昇してしまいます。

 

急激な血圧の変動を短時間に繰り返すと、心臓や血管に大きな負担を与えます。

めまいや立ちくらみを起こしたり、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性も…!

若い方でも起こる可能性がありますし、高齢者や心臓疾患がある方はとくに危険といえます。

 

 

お風呂が寒いと感じたら、まずは自分でここを改善!

お風呂が寒いのはヒートショックの危険もありますし、なによりせっかくのお風呂タイムが快適ではありません。

まずは自分でできる対策で、お風呂の寒さを改善してみましょう。

こんな方法はいかがでしょうか。

  • 入浴前に浴室の掃除をするなら、熱いお湯で掃除する
  • 入浴前に浴槽のふたを開けて、浴室を蒸気で温めておく
  • 入浴前に浴室の壁や床にシャワーでお湯をかけておく
  • 入浴前、入浴中は浴室の換気扇を止める
  • 脱衣所にヒーターや電気ストーブを置く
  • 窓ガラスに断熱効果のあるシートを貼る
  • 浴室の床に、すのこやシートを敷く

 

入浴前に、浴槽のお湯やシャワーの蒸気で浴室を温めておくと効果的です。

浴室暖房乾燥機が付いているなら、浴室のドアを開けて稼働しておけば浴室と脱衣所の両方を温めることもできますね。

 

お風呂に窓がある場合は、そこからも冷気が入りやすいです。

窓ガラスに発泡スチロール素材のボードや梱包用の緩衝材など、密度の高いシートを大きさに合わせて貼ると冷気を防げます。

 

床にすのこやシートを敷いたり入浴中に換気扇を止める場合は、カビに注意しましょう。

 

 

お風呂が寒いなら断熱リフォームも考えよう

お風呂場のリフォーム

「自分でできる対策をしてもまだ寒い…」という方は、お風呂の断熱リフォームを検討してみましょう!

お風呂の断熱性をアップさせるのには、こんな方法がありますよ。

 

壁・床・天井に断熱材を入れる

外気に触れる壁・床・天井を、ぐるりと囲むように断熱材を入れるのがおすすめ。

とくに冷気は足元から伝わるため、断熱材で床下の基礎をしっかりと囲んで冷気を遮断しましょう。

平屋などでお風呂の天井が屋根になる家では、天井にも断熱材を入れることをおすすめします。

 

窓の断熱リフォーム

窓から伝わる冷気は寒さの大きな原因なので、窓の断熱性を上げると寒さをかなりシャットアウトできます。

内窓を取り付ける、樹脂性など断熱性の高いサッシにする、窓ガラスを複層ガラスにするといった方法があります。

 

床材を取り替える

冷たさを感じにくい樹脂性や浴室用クッションフロアなどの床材に取り替えたり、浴室用床暖房を入れるという方法があります。

浴室に入ったときに足元がヒヤっとするのを防ぎます。

 

寒さを防ぐアイ・ホーム北海道のリフォーム事例

アイ・ホーム北海道で施工した、寒さを防ぐためのお風呂のリフォーム事例をご紹介します。

 

【工事前】狭くて寒いタイル風呂がお悩みでした。

【工事前】狭くて寒いタイル風呂がお悩みでした。

 

【工事後】タイル風呂からビビットカラーのユニットバスへ

【工事後】タイル風呂からビビットカラーのユニットバスへ

 

既存のお風呂を解体し、まったく別の場所へ移設してユニットバスを施工しました。

断熱性能と浴室サイズがアップ!

ビビットなイエローグリーンが爽やかな印象の浴室になりました。

 

アイ・ホーム北海道はマンションリフォームのプロフェッショナル!

ほかにもお風呂のマンションリフォーム事例をたくさんご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

 

 

寒いお風呂は自分でできる寒さ対策やリフォームで改善を!

お風呂が寒いのは断熱性が低いことが主な原因。

とくにお風呂に窓があると、窓から冷気が伝わり寒くなってしまいます。

お風呂が寒いとヒートショックを起こす危険性もあり心配です。

 

自分でできるお風呂の寒さ対策としては、入浴前に浴槽のお湯やシャワーの蒸気で浴室を温める、床にすのこやシートを敷く、入浴中は換気扇を止めるなどの方法があります。

 

お風呂の断熱リフォームで、しっかり寒さ対策をするのもおすすめ!

壁・床・天井に断熱材を入れる、窓の断熱リフォームをする、床材を取り替える、床暖房を入れるなどの方法がありますよ。

 

アイ・ホーム北海道では、お客様のご要望に応じたリフォームをご提案しますので、ご不明点やご相談などありましたらお気軽にお問い合わせください!

さまざまなお風呂のリフォーム事例もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

小さなことからお気軽にご相談ください!

0120-406-835

受付時間

9:00〜17:30

メールで相談

役立つ情報が
満載

お気軽に
リフォームお見積り

SHOPアイ・ホーム北海道株式会社

本社

札幌市白石区本通13丁目北3番18号

TEL 011-868-5055

マンシェルジュ

札幌市中央区北3条東3丁目1番地35

TEL 0120-406-835

アイ・ホーム工房

札幌市西区八軒10条西5丁目2番25号