総合お問合せ

資料請求

訪問お見積り

マンションリフォームガイド

マンションのクローゼットにカビを生やさないための対策をご紹介!

 

こんにちは!札幌のマンションリフォーム専門会社「アイ・ホーム北海道」です。

 

家の中でカビが繁殖しやすい場所は水まわりだけではありません。

クローゼットもカビが生えやすい場所のひとつ。

密閉空間なので湿気が溜まりやすく、カビが繁殖しやすい環境なので要注意なんです。

 

放置していると、大事な衣類に​までカビが生えていた! なんてことも。

そんなことにならないためにも、カビが生えてしまったらすぐに対処が必要です。

 

今回はクローゼットにカビが生える原因と、発生させないための対策をご紹介します。

カビが生えてしまった場合の対処法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

クローゼット

 

 

マンションのクローゼットにカビが生える原因を知ろう

マンションは気密性が高く、室内に発生した湿気が外に逃げにくいため結露が発生しやすいです。

そのため、結露を放っておくとカビの原因になってしまいます。

 

結露が発生する原因については「マンションに結露が発生する原因は?結露を防ぐための対策をご紹介」でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

カビの胞子を吸い込むと、アレルギーや肺炎、シックハウス症候群などを引き起こす要因になるので、健康のためにもすぐに対処することが大切です。

 

では、クローゼットにカビが生える原因についてご紹介していきましょう。

 

原因①湿気がこもっている・温度差がある

クローゼットは密閉空間なので、風通しが悪く、湿気がこもってしまいがち。

そこに汗のついた衣類などを収納するとさらに湿度が高い状態になってしまい、そこからカビが発生してしまいます。

特に梅雨の時期は湿度も気温も上がるので、カビが増えやすい条件が揃います。

 

クローゼットは衣類を収納するだけの場所なので、日当たりを気にする必要がなく、北側に配置される場合が多いです。

北側は日当たりが悪く冷えやすいため、室内との温度差で結露が発生しやすくカビの発生につながってしまいます。

 

原因②ほこりや汚れ、水分が溜まっている

衣類が収納されていると、どうしてもほこりが多くなり、そして気づかないうちに溜まっていきます。

そして、衣類には皮脂汚れや髪の毛などの汚れが​付着していることが多いです。

このほこりや汚れは、実はカビの栄養分。

 

つまり、クローゼットの中は知らないうちにカビを繁殖させてしまう栄養分だらけになってしまっているんです。

 

また、衣服は繊維なので湿気を吸い込みやすく、適度に換気をしないと水分が溜まってカビにつながってしまいます。

 

 

マンションのクローゼットにカビを発生さないための対策

クローゼットのカビが繁殖して「大事な衣類にまでカビが生えていた」なんてことにならないためにも、発生させないための対策をすることがとても大切です。

カビ対策の方法をご紹介します。

 

風通しを良くする

まずはクローゼットの中を換気して、空気を循環させることが大事です。

そうすることでクローゼット内の湿度と温度を下げることができます。

 

クローゼットの扉を開けっぱなしにして、定期的に空気を入れ替えると良いでしょう。

サーキュレーターや扇風機を使って風を当て、空気の入れ替えをするのも効果があります。

 

また、クローゼット内に収納している衣類が多すぎると、いくら換気をしても空気が通りません。

衣類と衣類の間に余裕があるくらいの収納を心がけてみてください。

 

こまめに掃除をする

クローゼット内に溜まったほこりはカビの栄養分となるので、こまめに掃除をしてほこりを溜めないようにすることも重要です。

部屋に掃除機をかける際に、クローゼットの中も一緒にかける習慣をつけると良いでしょう。

 

衣類の収納は湿気と汚れを落としてから

着ていた衣類は汚れをしっかり落としてから収納しましょう。

また、デニムなどすぐに洗わない一度着た衣類は、クローゼットにしまう前にハンガーにかけて湿気を飛ばし、汚れを払ってから収納することをおすすめします。

 

部屋の断熱性を上げる

壁や床の断熱リフォームをし、断熱性を上げて冷え込みを防ぐ方法もあります。

特に北側の部屋は日当たりが悪く冷えやすいので、断熱性を上げて外と室内の温度差で発生する結露を防ぐと、カビの予防になります。

部屋全体の断熱性が上がると、クローゼットにもカビが発生しにくくなりますよ。

 

除湿剤を置く

クローゼットの床に除湿剤を置くのも、カビ対策に効果的です。

クローゼットの広さに合わせて必要な数を置くと良いでしょう。

水が溜まったら忘れずに交換してくださいね。

 

 

マンションのクローゼットにカビが生えた場合の対処法

マンションのクローゼットにカビを見つけたら、アレルギーなどの健康被害につながることもあるため、なるべく早く取り除きましょう。

 

クローゼットにカビが生えてしまった時の対処法と、衣類にカビが生えてしまった時の対処法をそれぞれご紹介します。

 

必ず手袋とマスクをして換気をしながら行ってくださいね。

 

クローゼットにカビが生えた時の対処法

まずはクローゼット内の衣類などを全て取り出して、どこにカビが発生しているのかよく確認しましょう。

 

エタノールを雑巾に吹きかけて、雑巾でカビを拭いていきます。

最後に水分を残さないよう乾拭きをして終了です。

 

​それでもカビが落ちない場合は、カビ取り剤や台所用の塩素系漂白剤を使用します。

薄めた漂白剤を雑巾につけて拭き、その後水拭きと乾拭きをして終了です。

 

漂白剤は壁紙や床などを痛めてしまう可能性があるので、目立たない場所で試してから使用するのがポイントです。

扉は開けた状態にしてしっかりと換気し、完全に乾くまで待ちましょう。

 

衣類にカビが生えた時の対処法

最初に、カビを払い落とします。

カビが発生した部分をエタノールで除菌してから、洗える衣類なら酸素系漂白剤で「もみ洗い」すると良いでしょう。

 

その後、通常の洗濯と同様に洗濯機で洗います。

乾燥機でしっかり乾かすことにより、衣類についたカビのほとんどは死滅します。

 

洗えない衣類の場合やカビが広範囲に広がって落ちなかった場合は、クリーニング屋で依頼をしましょう。

 

 

マンションのクローゼットは換気をしてカビ対策を!

マンションのクローゼットは湿気が溜まりやすく、カビが繁殖しやすい場所のひとつ。

カビは健康被害につながることがあるので、見つけたらすぐに対処することが大切です。

 

クローゼットにカビが生える原因は、風通しが悪いため湿気がこもりやすいこと、ほこりや衣類の皮脂汚れが栄養となって繁殖してしまうことなどです。

 

クローゼットにカビを生やさない対策は5つ!

  • 風通しを良くする
  • こまめに掃除をする
  • 衣類の収納は湿気と汚れを落としてから
  • 部屋の断熱性を上げる
  • 除湿剤を置く

 

これらのカビ対策を取り入れて、クローゼットを清潔に保ちましょう。

大切な衣類を守ることにもつながるので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

アイ・ホーム北海道はマンションリフォームのプロフェッショナル!

このようなお住まいのお悩みを解決するリフォームをご提案しています。

小さなことからお気軽にご相談ください!

0120-406-835

受付時間

9:00〜17:30

メールで相談

役立つ情報が
満載

お気軽に
リフォームお見積り

SHOPアイ・ホーム北海道株式会社

本社

札幌市白石区本通13丁目北3番18号

TEL 011-868-5055

マンシェルジュ

札幌市中央区北3条東3丁目1番地35

TEL 0120-406-835

アイ・ホーム工房

札幌市西区八軒10条西5丁目2番25号