総合お問合せ

資料請求

訪問お見積り

マンションリフォームガイド

戸建用のフローリングとマンション用のフローリングの違い

みなさん、こんにちは。

アイ・ホームの西本です。

 

本日は戸建用のフローリングとマンション用のフローリングの違いを紹介させて頂きます。

マンションでフローリングにする際は、マンション専用のフローリングにする必要があります。

従来、マンションはカーペットが主流でしたが、ですが時代の流れはフローリングへ。

もちろんマンションでもフローリングを貼りたいという声が上がります。

通常の一戸建用のフローリングを使用してしまうと下の階の方に生活音がすごく聞こえてしまい、お互いに嫌な思いをしてしまいますね。

そこで出来上がったのがマンション用のフローリングです。

マンション用のフローリングにはLL-45、LL-40などという種類がありますが、こちらは遮音の等級となっております。

LLの意味は『軽量床衝撃音等級』です。

わかりやすく説明させて頂きますと、スプーンやお子様のおもちゃなどを落とした際の「カチーン」「パチン」などの衝撃音はLLという等級に入ります。

マンションではこのLLという床衝撃音等級を求められます。

集合住宅ならではのやさしい工夫ですね!!

こちらはフローリングの写真になります。

 

floor1

 

左がマンション用のフローリング、右が一戸建用のフローリングです。

見た目での差はないです。

次は断面を見てみましょう。

 

floor2

 

右の一戸建用のフローリングは合板重ねた構成となっております。

左のマンション用には一番下にクッション材が入っております。

こちらで遮音等級をとっております。

フローリングの種類によってはクッション材だけではなく、合板+クッションで遮音をとっているものもございます。

裏を見るとすぐわかりますね!

 

floor3

 

左の黒っぽい部分がすべてクッション材となっております。

こちらを貼っていないフローリングはマンションでは使用できないケースが多いです。

 

この様にマンションを工事するにあたって、いくつかの決まりがあります。

アイ・ホームスタッフはマンション専門のリフォーム会社として、豊富な知識をもったスタッフがたくさんいます!!

是非、マンションの事でわからない際は問い合わせしてみてください!!

小さなことからお気軽にご相談ください!

0120-406-835

受付時間

9:00〜17:30

メールで相談

役立つ情報が
満載

お気軽に
リフォームお見積り

SHOPアイ・ホーム北海道株式会社

本社

札幌市白石区本通13丁目北3番18号

TEL 011-868-5055

西支店

札幌市西区二十四軒4条4丁目13番2号

TEL 011-621-5200

マンシェルジュ

札幌市中央区北3条東3丁目1番地35

TEL 0120-406-835

アイ・ホーム工房

札幌市西区八軒10条西5丁目2番25号